<< 増税前の憂い | main | セッティング >>
昭和の雰囲気を一舜感じた

 

この景色でここがどこか分かる人少ないです。

 

愛媛県中予地方局です。

 

そしてそこから北側、祝谷方面を見た写真ですね。

 

ここに来るということは、松山市以外の建築に関することの調査が目的。

 

ここにきて思うことは、証明書出してもらうのに、自分でファイル見て欲しい内容を書類に書いて、それを役場の方に間違い誤字脱字無いかをチェックしてもらったら、お金払ってその書類に判を押してもらうという作業に無駄が多い。

 

字が汚い我々はどうしたらいいのか?

 

またパソコンの時代にファイルをめくってお互い見つめながら書類に記入の奇妙さ。

 

お金を払う1部700円の印紙を別の階に行き購入。

 

まあ40分くらいかかりましたね。

 

 

効率が求められる昨今で昭和の雰囲気を垣間見た瞬間でした。

 

因みに印紙のデザイン変わってました。

 

もう1年になるらしい、それだけここには来てないってことか。

 

さあ仕事仕事!

COMMENT









Trackback URL
http://blog-rhome.jugem.jp/trackback/1270
TRACKBACK