<< 2月になったー! | main | 派手? >>
個人力?

 

仲介業者は結構調査に時間とお金がかかるものです。

 

大洲の物件の調査に八幡浜にある土木事務所まで車で行くこともあります。

 

分譲マンションの場合、物件によっては管理会社からの管理に係る重要事項の証明書を発行してもらうのに2万円以上も発行手数料かかることもあります。

 

さらに謄本、測量図、謄本等の証明書もローン申し込み時には物件によっては7,8千円掛かることも。

 

物件の売買金額によっては経費倒れになることもあります。

 

不動産屋は書類を書くだけで手数料もらって良いですねと実情を知らない人に言われることもあります。

 

ほとんどの不動産売買は不動産業者が仲介に入ります。

 

それは個人での売買が多くの人が不安と感じるからです。

 

将来不動産仲介業社は無くなるんでしょうか?

 

いいえ無くならないと思います、人口減少で不動産売買の物件数も少なくなることは予想されますが、地方でも街中心部は今以上に高値で活発に売買されると思います。

 

さらにこれから問われるのは企業の組織力ではなくそこに働く人、アメリカではエージェントと呼ばれる人たち、個人のスキルの高い人に仲介業を頼む世の中にシフトすると思ってます。

 

いまからそれに備えてさらにスキルを上げるよう日々頑張らないといけないです。

 

YouTubeで個人で発信できる時代を見るとそれをせつに感じます。

 

1個人で戦う時代、なんかやる気出てきましたよ!

 

さあ、仕事仕事!

 

 

COMMENT