<< 今日から4月 | main | 2020年という記録にも記憶にも残る年 >>
アフターコロナを考える

 

【人が密集していて生活コストが高く、新型コロナのような感染症も広がりやすい大都市に住む必要はない。

国内の感染状況が完全に終息したら、田舎に住むという選択肢に目を向ける人も増えるだろうし、国内での移住はこれから注目されると思います。

 新型コロナで景気が悪化し、収入も厳しい状態になることを考えると、田舎のほうが家賃も生活費も安く、低燃費な生活ができます。

豊かな自然の中で子育てをしながら、自給自足や地産地消の生活を送る一方で、オンラインで最先端の働き方をするという、ハイブリッドの暮らしを目指す人たちも増えるでしょうね。】

※以上プレジデントオンラインより抜粋させていただきました。

 

 

うーん確かにそうかもしれない。

 

地方への移住が加速することも考えられます。

 

 

コロナ禍終息後の所謂「アフターコロナ」以降働き方も人の住み方も、家の在り方も大きく変わるのではないでしょうか?

 

またいろんな問題もこのコロナ感染の自粛で浮き彫りになりました。

 

我々不動産に携わる者、今後の事よく調べたり、考えたりしながら、良いご提案ができるように準備怠らないようにしないといけませんね。

 

#アフターコロナ

COMMENT