<< 頂きもの | main | 一人で撮って解説 >>
いけませんね

 

先日お客さんをご案内したいということで同じ不動産業者の営業マンから電話ありました。

 

鍵の受け渡し等の日時の打ち合わせをしたので当日鍵を取りに来るのを待つだけなんですが、その営業マンから短時間に3回ほど電話がその後かかってきました。

 

1回目は対象不動産の固定資産税の額。

 

2回目は水道負担金や受益者負担金(当人は下水放流金みたいなこと言ってました)

 

3回目はその回答の確認みたいなの

 

その3回目に、他にかかる費用って無いですか?仲介手数料以外に。

 

みたいな質問が来た。

 

会社で教える人がいないのか?と尋ねると

 

そんなことは無い、聞いたら教えてくれるかと思って...

 

その回答に唖然です、なんか怒りを通り越して絶句です。

 

まず会社内で聞かない、さらに我々に聞くとしても電話ではなく事務所に訪ねてくるのが普通。

 

しかも電話で話すだけでその営業マンとは面識もないんですよね。

 

鍵を取りに来るときに名刺渡して聞けば1回で済むから、あとは電話なのでしょうか?

 

ちょっと前に「不動産業者の営業マンのレベルって落ちたよね」って言われたのを思い出しました。

 

知識が無いなら無いなりに勉強して動かないといけないんですがね。

 

最近こんなことが目に付くようになりました、歳のせい?

 

いやいや、まだまだお客様のために私は頑張って動きますよ!

今日、前面道路の固定資産税はいくらですかって聞いて来た業者がいましたよ(笑)その人、前日に持分のあるその位置指定道路に通行同意取ってますかとも聞いて来ました。分からないのは別に構わないですが、社内で一度揉んでよとは思います。しかし逆に上司からその質問を指示されてると想像すると意外に恐ろしい事かもしれません( ;∀;)
あかまつ | 2017/12/12 19:51
COMMENT









Trackback URL
http://blog-rhome.jugem.jp/trackback/911
TRACKBACK